読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大体いちにち一歩

日々を過ごして触れたことや思ったことを自由に書いてます。

普通になりたかった。

コラム 私のこと

またしばらくサボっていました。「死ぬまでの記録」をモットーにしてるので、どんな些細なことでも一日一日綴るようにしたいです。

f:id:mkr396:20161216024230j:image

「普通」に過ごす事ってとっても難しくて、普通に過ごせる人は本当にすごいし尊敬するなあと思います。

 

というのも、バイトさえうまく決まらない毎日が続いていまして。面接まではどうにか辿り着いても、面接日になると身体が重くて動けなくなるんですよね。「鬱は甘え」と言われても仕方ないなぁと自己嫌悪。

しかも私の場合中卒なので。何かと中卒というレッテルが付き纏う訳です、もちろん好奇の目線はあっても良い顔はされません。

 

「普通」を嫌う人はいますが、普通に生きれるのなら絶対普通に生きた方が良いと思います。

確かに私は周りとは少し違う人かもしれない。小学校すらまともに通えず、中学はほぼ休み、高校には行ってません。でも何の誇りにもなりませんからね、これ。

 

それに「普通」の人生を送ってても「変わった人」にはなれると思います。普通に学歴もあって、普通に働いてる人でも「言うことが変わってるなぁ」と思う人は沢山いますし。

何も普通の人の道を外れる必要はありません。全くありません。

「学歴」の欄を書く度に胸を痛ませるような人生よりは絶対普通に学校に通って高校卒業した方が良い。鬱や不登校に理解のある社会にはなってきましたが、世間の目はまだまだ厳しいです。