読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大体いちにち一歩

日々を過ごして触れたことや思ったことを自由に書いてます。

死ぬために始めたブログです。

前回の記事に結構反応いただけて…嬉しい限りです。このブログ「死ぬため」に始めたものなんですよね。「来年辺りには死にたいなあ」と思っているので、せめて生きた証を残すためにもと書き始めた訳です。

 

なので、こうして読んで下さる方がいるのは大変ありがたいことだなーと。死に向かう人間ですが、こんな奴でも、少しでも誰かの目に留まるのは大変有り難いことです。

 

f:id:mkr396:20161206194136j:plain

「普通の家庭に生まれた」とはちょっと言えない私ですが、別に不幸ではなかったように思います。

確かに父親自殺未遂起こしまくるわ、莫大な借金を作るわ、犯罪起こすわで散々です。

 

でも、姉も兄も自立していますし、ちゃんと働いて全うな生活を送っています。

父は家族が大好きで、母が大好きで、人情にあふれた人です。いい父親だったと思います、自殺とか借金さえなければ。母は家事をテキパキこなしますし、少し天然で頼りないところはありますが、自慢できる母親だと思います。一見「普通の幸せな家庭」に見えなくもない、そんな家族だったと思います。

 

だから私が何故こんな自分に育ったのか、自分でもよく分かりません。やはり「本当は普通の家庭ではなかった」からなんでしょうか。

 

結果として、小学生くらいの頃から漠然と死にたかった。生きるのが辛かったんですよね。毎日学校に通うのも、何故か辛かった。何故だか自分でも分からないんです。友達もたくさんいました、友達と遊ぶのは楽しかったです、勉強も苦手だけど嫌いじゃありませんでした、でも毎日生きたくありませんでした。

 

「どうしてこんな人間に育っちゃったんだろうなー」っていうのも、このブログを書き続けることで少しでも答えが見つけられたらいいなと思ってます。のんびりまったり過去を振り返りながら。