読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大体いちにち一歩

日々を過ごして触れたことや思ったことを自由に書いてます。

女が女と付き合っていた頃の話【LGBT】

「彼女が欲しいなー」とぼんやり思う今日この頃です。

今私が「彼女が欲しい」と思う理由は単純に「寂しさを埋めて癒されたいから」という実に短絡的な理由ですがね!

f:id:mkr396:20161201073152j:image

そしてぼんやりと、昔付き合っていた女の子(仮にMちゃん)の事を思い出しました。

 

Mちゃんは私と同い年の女の子でした。勤勉な大学生で、性格は生真面目。ネットで知り合ったのですが、私は早々に己がセクシャルマイノリティである事をバラしました。

 

そんなある日Mちゃんに言われたのです。「自分もレズビアンかもしれない」と。

でもMちゃんはとても真面目な女の子で、自分がレズビアンであるかどうか確信を持てずとても悩んでいました。しかしMちゃんは「みくろ(私)のことが好き」だと言ってくれたのです。その頃には何度か会ったりもしていて、私もMちゃんを好きになっていたので付き合う事に。

しかし、付き合う上で色々な蟠りが生まれてしまいます。

 

Mちゃんの家はしっかりとしたお家で、Mちゃんはその頃大学生でした。Mちゃんは箱入り娘だったようで、たまに世間知らずなところがありましたが、可愛いお嬢様という感じでした。

Mちゃんは生真面目で、本当に私の事を好いていてくれていたので、未来の話もよくしました。来年には同棲をしたいだとか、具体的な話も。私は乗り気で、同棲出来たら嬉しいなーと考えていました。

そんなある日Mちゃんに言われたのです。

 

「実はあと二年したら留学するんだ」と。

 

え? じゃあ同棲の話は? と思いました。Mちゃんの話によると一年同棲して、二年留学して、戻ってきてまた一緒に暮らしたい…という事でしたがどう考えても現実的ではありません。私の中で、Mちゃんに対する不信感が芽生え始めます。

そんな中、Mちゃんの口から漏れる様々な言葉。

 

「お父さんが私の晴れ姿を見たいって言ってて悲しくなった」だとか「普通に恋愛相談できないのが辛い」だとか。

 

そんな些細な言動が気になって、溝はどんどんと深くなっていきます。結果的にMちゃんとは別れました。

 

 

「Mちゃんは普通の男女の恋愛をしたほうがいい」と、そう思った瞬間気持ちが冷めてしまったのです。これ以上この子を好きになっても辛くなるだけだ、という自衛の精神がそうさせたんだと思います。

 

彼女は本当にいい子でした。別れる時も私の事を想ってたくさん泣いてくれました。こんな事を言うのはずるいかもしれないけど、私はMちゃんには相応しくなかったんだと思います。Mちゃんにはきっともっと素敵な人が見つかるはず。別れてからもう一年半以上、連絡を取っていませんが、既に良い人が見つかっているかもしれません。私はそれを祈らずにいられません。

いつの間にか「WELQ」が炎上していた

健康や医療についてのコラムを取り扱う「WELQ」がいつの間にか炎上していました。

「WELQ」がどういうサイトなのかというと、こういう感じ。

 

welq.jp

 

私は以前からこのサイトが嫌いで、一度メールでクレームまで出した事があります。

なので今回の炎上は当然の結果だなあ、と。むしろやっと炎上してくれたか、遅かった、と感じるほどです。

 

炎上してから、一番よく話題に挙げられているのは「肩こりは幽霊のせい」などと適当なことを書いている記事についてですが、そんな事より悪質な記事が沢山ありました。

 

 

私が一番怒りを覚えたのは「睡眠薬について」の記事。

f:id:mkr396:20161130190356j:plain

睡眠薬は危険」

「どんどん飲む量が増える」

「やめられなくなる、依存症になる」

 

などと、かなり酷い内容を書いていた記事がありました。全体的にいえば「薬に頼らず、自然に眠れるようにしよう!」という記事だったのですが、それが出来ればお医者様に頼ったりなんかしません。

全体的に睡眠導入剤について批判した記事の内容であり、既に睡眠導入剤を服用している方が見たら酷く不安を煽るような文でした。

 

睡眠導入剤を服用している私からすれば適当な事ばかり並べられた記事に憤怒です。

 

睡眠導入剤のほとんどは依存性は高くありません、処方される際薬剤師さんやお医者様に説明されるはずです。飲む量が増えるということもありえません、お医者様がさせません。

知識のない人が書いたであろう事は一目瞭然でした。その上、既に睡眠導入剤を服用している人についてはまるで麻薬に手を出した人とでも言いたいのかという書かれよう。記事は下げられてしまったので、お見せ出来ないのが残念なほどお粗末なものでした。

 

医療、健康はとてもデリケートな分野です。

推測するに一記事100円~程度で、適当な素人が書いていたのでしょうが……適当な事を書いて悪戯に人の不安を煽るのは「Naverまとめ」くらいにして欲しいです。

かつて、私の居場所でした。

一時期、ダンスサークルに入っていました。

結果から言うと、副リーダーとの折り合いが悪く辞めてしまいました。ですが「あんな腐ったところ辞めてよかった、清々した」という気持ちと同時に、未だにサークルの夢を見ます。

f:id:mkr396:20161129164413j:plain

色々なステージに出る事をメインとしたダンスサークルでした。元々「ダンス」が大の苦手な私は、それを克服するためにダンスサークルに入る事にしたのですが。

 

いざ加入してみて分かった、サークル内のあまりに酷い実態にストレスは溜まる一方でした。

 

リーダーの統率力がなく、メンバーをまとめ切れない。

計画性もなく、いつもステージに間に合わない。

副リーダーは何もしないけれど口ばかり偉そう。

「死ね」や「お前いらない」なんて言葉は日常茶飯事でした。

 

それでも私はリーダーの事は慕っていました。リーダーはよくも悪くも純粋でいい人でした。ダンスも上手で、知識も豊富。一番の戦力です。

 

でも、副リーダーの事が苦手でした。副リーダーはとにかく口が悪いのです。きっとあれは無意識的なものなんだろうと思います。サークル内で一番立場の弱い男性はいつも「お前は使えないから」や「死ね」などと言われていました。

心ない罵声は、自分が浴びせられた訳でなくても不愉快なものです。私はそれが嫌で嫌で溜まりませんでした。

 

結局、副リーダーに我慢できず反抗したことで「わだかまり」を生んでしまいました。

 

「わだかまり」は自分の心の中で大きくなっていきます。こんな人の下でいつまでもやっていくのか? 身も心も削って? 得られるものも少ないのに? こんな事を続けて意味があるのか?

 

私は結局、リーダーの強い制止を振り払って、サークルを辞めました。

f:id:mkr396:20161129170459j:plain

残ったのは、「清々しさ」と「罪悪感」と「虚無感」でした。

今でもサークルのツイッターをチェックしたり、サークルで仲が良かった子のツイッターをたまに覗いてしまいます。そこには、楽しそうにサークル活動をする姿があります。(もちろん、愚痴は隠しているのでしょうが)

 

そして、それを見て湧き起こるのは「かつて、ここに私もいたのになあ」という謎の喪失感です。

 

サークルにいたのはたった二ヶ月足らずだったと思います。楽しい事と同じくらい嫌な事がありました。

でも、それでも私にとってあのサークルは「私の居場所」になっていたようです。

 

 

辞めた事を後悔していません。戻りたいとも思いません。でも、思ってしまうのです。

当然のように私が居ても許される、そんな居場所が欲しいなあ、と。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ ビアンの恋愛へ